御祭神

 豊受姫命(とようけひめのみこと)

社史

社伝に云う。文化元年の頃(西暦1804年頃)鈴木新田(現在の空港内)開墾の際、沿岸の堤防しばしば激浪のために害を被りたり。或時堤防の腹部に大穴を生じ、これより海水侵入せんとす。ここにおいて村民等相計り堤上に一祠を勧請し、祀る処稲荷大神を以てす。これ実に当社の草創なり。爾来神霊の御加護あらたかにして風浪の害なく五穀豊穣す。その穴守を称するは「風浪が作りし穴の害より田畑を守り給う稲荷大神」という心なり。そもそも稲荷大神は、畏くも伊勢の外宮に斎き祀られる豊受姫命にましまして、衣食住の三要を守り給える最も尊き大神なり。吾等一日たりともこの大神の恩顧を蒙らぬ日はなく、実に神徳広大なり。
殊に当社は明治以来、大正・昭和を通じて、最も隆昌に至った。参拝の大衆日夜多く境内踵を接する如く社頭又殷賑を極め、崇敬者は国内は勿論遠く海外にも及べり。然るに昭和二十年八月終戦にのぞみ、敗戦と云う未曾有の大混乱の中、米軍による羽田空港拡張の為、従来の鎮座地(東京国際空港内)より四十八時間以内の強制退去を命ぜられた。同年九月、地元崇敬者有志による熱意の奉仕により境内地七百坪が寄進され、仮社殿を復興再建。現在地(大田区羽田五丁目2番)に遷座せり。
爾来崇敬者各位の協力により、社殿・奥宮・神楽殿・社務所・展示場・神輿庫・納札所等復興し、目下境内整備を実施中にて、漸次昔日の面影を取り戻しつつある次第なり。

御神徳

ねがいごと かならずかなう 穴守の
いなりの神よ いかに尊き
稲荷大神の「稲荷」とは「稲実る・稲生る」の義であり、「なる」は大自然より与えられた生産活動と希望・発展の意である。
故に、商売繁昌・家内安全・心願成就・病気平癒・交通安全・厄除・開運祈祷などに御神徳あらたかで、産業界や芸能界、或いは講社の参拝など数多い。
 また、古くから伝わる羽田節の一節にも
羽田ではやる お穴さま
朝参り 晩には 利益授かる
と謡われている。
毎月午の日には、早朝から穴守稲荷大神さまの高く尊き御神徳を仰ぎ奉り、広き厚き恩頼を畏み奉る特別崇敬者の午の日まつり(福まつりとも云う)で、社頭は終日の賑わいを見せる。

奥之宮と神砂(あなもりの砂)

今は昔 羽田浦は要島に一翁あり 要島は干拓く島なれば堤にて固め成されり 然ど津波に襲し堤破るる事屡なれば 堤の上に祠を構へ稲荷大神を勧請するに 風浪の害止み之を以て穴守稲荷と称す
或刻 翁漁より帰りて魚篭を覗くに釣せし筈魚は無く只湿砂のみ在り 翌も翌々も大漁なれど同く魚は無く湿砂のみ在るを訝しく思ひし翁 村衆に此を談る 衆人此を狐の仕業とし穴守稲荷の社を囲みて狐捕へけれど 翁此を赦し放てり
此より後 翁漁に出ずる度大漁なり 魚篭には許多の魚と僅なる湿砂あり 嫗此の砂庭に撒くに忽ち千客萬来す 斯くて翁冨を得る
故 翁に肖り御砂以て招福の徳を得むと 穴守の砂求むる者四方八方より訪れり
尚 今日に至る

お砂のまき方

  • 商・工・農・漁業・家内安全の招福には玄関入り口に
  • 病気平癒の場合は床の下に
  • 災・厄・禍除降の場合は其の方向へ
  • 新築・増改築には敷地の中心へ
  • 其の他特殊な場合には神社にお尋ね下さい

History of Anamori Inari Jinja

Before Haneda Airport was built, the area around Haneda was known as a fishing village. The Anamori Inari Shrine was built in 1818 in order to protect the people of Haneda from floods. Since its establishment, the shrine was popularly known for the god of good crops and prosperous business, and drew worshippers from all over Japan even today. The Keihin Electric Express Railway connecting Haneda and Shinagawa was initially built exclusively as a train to transport worshippers to the shrine and this speaks of the great popularity that this shrine had among the people during those times. The area around Haneda was originally a temple town for the Anamori Inari Shrine.
Before the war, the shrine sat inside today's Haneda Airport. But, with the ending of the war and the eviction of residents in neighboring areas, the shrine too was transferred to it present location. However, the great shrine gates of Anamori Inari Shrine were not removed and remained for a long while in front of the passenger terminal building. Although there were several proposals over the years to take down the shrine, a series of mysterious accidents fell upon those involved in the construction and the shrine escaped the threats of tear down thanks to those in fear of the "curse." However, the shrine gate was finally transferred to the estuary of the Tama River and Ebitori River in 1999 when the new runways were built. If you take a walk to the edge of Haneda Airport today, you will see the great shrine gates still watching over the entire area.

【和訳】

羽田空港建設以前、羽田一帯は漁師町だった。穴守稲荷神社は、1818年に洪水から近隣一帯を守るために建立され、以来、五穀豊穣・商売繁盛の神として、日本全国から参拝者が後を絶たない人気神社として勇名を馳せた。羽田-品川間を結ぶ京浜急行電鉄は、この神社の参拝用電車として誕生したほどだから、その隆盛ぶりが伺える。羽田一帯は、もともと穴守稲荷神社の門前町でもあった。
戦前は今の羽田空港内の位置に鎮座していた。しかし、終戦を迎え、近隣地区の住民たちが強制退去されたのと同時に現在地へと移転。だが穴守稲荷神社の大鳥居だけは撤去されず、長らく旅客ターミナルビル前面に残されていた。何度か取り壊しや移転案も出たのだが、その度に工事関係者の事故が相次ぎ、祟りを恐れてか撤去出来ずにいたのである。その鳥居も1999年の羽田空港新滑走路整備時、ついに多摩川と海老取川の河口に移された。徒歩で行ける羽田空港の最端の場所で、大鳥居は今でも近隣一帯を見守っている。
Excerpt from「『THE EAST』VOL.42,NO.3」(The EAST PABLLICATION.INC.